品質追求で重要な行動を喚起、推進、規制する"やる気"は、組織改善、開発など顧客サービスを充実する上で、企業にとり不可欠なものです。様々な事業、物、人が職業的規範を持って調和を図り、より高い品質の追求を行います。
1970年代のビルドアンドスクラップ時代から学ぶ多くの無駄、無理を是正しながら、新規または既存事業の修正案の分析、計画作成と目論見を行い、将来有望な事業と成り得るか検証します。
事業運営を行う上での最大の目標/目的です。開発からの目論見、完成運転そして経年変化が現れるまで、常に収益性(率)の確認・追求を行うことが必要となります。
収益性向上のため、限界システムエンジニアリングを通し、最適解を求めていきます。開発当初から、現在の動向・現状機能に問題がないか、データを収集して、調査、分析並びに評価をして行きます。
市場環境の変化などに対し、即応可能な会社組織と危機管理対策を充実させます。フィールドサービスエンジニアの設置及びネットワークを確保して、お客様ニーズに即応し、満足度を維持していきます。